カデットやアスコナのG2仕様に代わり、1980年に登場したグループ4ラリーマシン。
普通のFR箱車にDOHC16バルブ(2.4L)エンジン載せて、オーバーフェンダーや空力部品で武装した王道中の王道車であります。 フェンダースポイラーって珍しいですよね?(他にはグループ5のスーパーシルエットか、西部警察のマシンRSしか付いてる車知らない)

1982年からはロスマンズのスポンサードを得て、ドライバーもWロール、Hトイボネンとなり、ロールは’82ドライバーチャンピョンとなります。
Aバタネンが加入した翌’83年は、グループBで公認を取得。サファリで優勝しましたが、車両を途中からマンタ400と交代し役目を終えました。ちなみに400の意味はグループ4規定の生産台数400台以上が元です。

ASCONA400_1982monte_1.jpg

VITESSE 1/43

1982 モンテカルロラリー J.Kleint

ASCONA400_1982monte_2.jpg

’82モンテはWロールのアスコナ400が優勝で、J.Kleint(読み方分からん)はゼッケン通り7位に入りました。
この頃のロスマンズロゴは全部大文字ですね。そう言えば、オペルのスポンサー中は全部大文字だった。
 ⇒ちなみにロスマンズポルシェは、’82年はROTHMANSで’83年からRothmans

ASCONA400_1983safari_1.jpg

Schuco 1/43

1983 サファリラリー Aバタネン

ASCONA400_1983safari_2.jpg

アスコナ400最後のWRCで優勝です。
シュコーはドイツの模型メーカーで、真面目な作り込みですがちょっと車高上げ過ぎかな?