JGTC〜S−GTの車についてはあんまり説明の必要無いと思いますが、年々エスカレートする車の作りには驚かされます。確か’95年頃からスープラGT500が出始めたと思いますが、6気筒の2JZエンジンは重量バランス的に不利なので、当時のトヨタレース用エンジンの主力である4気筒の3S-Gを積みました。
そして最後2005年はV8エンジン搭載。
シャシは最初限りなく市販車改造に近かったのがどんどんパイプフレームになり、カーボン部品の使用も増えて、スープラ風のボデーを着せたレーシングカーへと変わっていきました。

2006年にSC430へとチェンジするまで10年程活躍したので、とても息が長いですね。
(と言うよりなかなか、代わりの車種がが見つからなかったのか)

SUPRA_2001GT500_1.jpg

EBBRO 1/43

2001 JGTC Test Car

エブロでも他の2001年スープラは富士仕様の小さいウイングなのですが、
これはハイダウンフォース仕様の大きなウイングが付いてます。

SUPRA_2001GT500_2.jpg